「多文化共生」ってどういうこと?

Introduction.

現在、東京都では、様々な国籍、民族、宗教、習慣などの文化的背景を持つ50万人以上の在住外国人が、日本人と共に暮らしています。
東京都では、平成28年2月に『東京都多文化共生推進指針』を策定し、全ての外国人が安心・快適な生活を送りながら、日本人と外国人がともに活躍することができる多文化共生社会の実現を目指しています。
その取り組みの1つとして、このたび、日本人と外国人が交流を通じて多文化共生について理解を深めるためのイベント「東京多文化フェス-Tokyo Multicultural fes.-」を開催します。

このイベントをきっかけに、日本人と外国人の一人ひとりが、互いの文化を知り、その違いや多様性を認め合いながら、共に支え合い、活躍できる社会について考えてみませんか。

地域における多文化共生

「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的差異を認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと」

(「地域における多文化共生推進プラン」総務省、2006年)